貸切バスの旅・鬼怒川温泉

  1. ホーム  >
  2. お勧め観光地のご紹介  >
  3. 鬼怒川温泉

古くは江戸時代、東照宮・日光詣の諸大名などが利用する為の温泉で、一般の人々の利用は制限されていたそうです。
当時は鬼怒川温泉ではなく滝温泉と言われていた、という事です。

首都圏からのアクセス

首都高

東北道→宇都宮IC(約2時間)

宇都宮IC→日光宇都宮道→今市IC(約15分)

今市IC→R121→鬼怒川バイパス→鬼怒川温泉(約20分)

首都圏からの所要時間
3時間程度

観光協会

鬼怒川・川治温泉観光協会
0288-77-2052
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1404-1


周辺観光スポットご紹介

周辺無料観光施設の御紹介

龍王峡 龍がのたうつ姿連想させる大景観を散策出来ます。
霧降の滝 落差75メートル。途中、岩に当たって霧のような飛沫になることから、霧降滝と呼ばれているそうです。
観瀑台から遠くの滝を望めます。
鬼怒川お菓子の城 作りたてのおいしいお菓子をお土産にどうぞ。
日光おかき工房 厳選された国内産もち米と奥日光の岩清水を源流とする清らかな自然水をもとに、一子相伝の匠技精神をもってつくられる本格おかき工房
いろは坂 中禅寺湖から東照宮方面へ向かっての下り線が第一いろは坂。
逆の上り線を第二いろは坂。
野生の日本ザルに会えるかも?
秋には紅葉見物でかなりの渋滞をします。
中禅寺湖 華厳の滝は中禅寺湖から来た水です。
竜頭の滝 滝壷近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれるそうです。
戦場ヶ原 男体山の神と赤城山の神が戦ったという神話からそのように呼ばれているそうです。

 

周辺有料観光施設の御紹介

日光東照宮 徳川家康の、遺体は久能山におさめ、一周忌が過ぎたならば、日光山に小さな堂を建てて勧請し、神としてまつること。そして、八州の鎮守となろう。という遺言によって建てられたそうです。
鬼怒川ライン下り 船頭さんの巧みな櫂さばきで、奇岩・怪石が織りなす造形の妙を味わいながらスリルたっぷりと下るさまは豪快そのものです。
東部ワールドスクウェア 世界の遺跡・建物をミニチュアで再現したテーマパークです。
日光猿軍団 世界で唯一、お猿が集団芸を演じるテーマパークです 。
日光江戸村 江戸時代を再現した歴史テーマパークです。

 

 
ページトップへ
お問い合わせはこちら TEL:042-343-4181 FAX:042-343-4558 貸切バスの旅